シルバースキンストロー

シルバースキンストロー

コーヒー豆を焙煎した際などに排出されるシルバースキンを有効利用し飲み物の味わいを損なわない環境に優しいアップサイクルストロー

コーヒー豆は収穫後に果肉と種の周りのパーチメント(内果皮)を取り除き、乾燥させた生豆の状態で世界各国へ輸出されます。
生豆にはシルバースキン(銀皮)が残ったままとなっており、焙煎工程で綺麗に剥がれ落ちた「副産物」を利用することで廃棄されるゴミを減らし、紙パルプ原料の使用量を削減できる環境に優しいストローです。

シルバースキンストロー

PAGE TOP